高速道路の法定最高速度と最低速度は?一般道にも最低速度はある?

スポンサーリンク

■ 高速自動車国道の本線車道の最高速度と最低速度は何kmなのでしょうか。

一般には普通自動車や自動二輪車は、法定最高速度100km/hです。また法定最低速度は、車種にかかわらず、最高速度の半分の50km/hとしています。

しかし、この速度規定は、速度指定のない区間に限ったものです。標識や標示によって最高速度が指定されているところでは、標識や標示で指定されたスピードに従う必要があります


■ 一般道の最低速度は何kmなのでしょうか。

一般道においては法定最低速度の規定がありません。

しかし、最低速度の道路標識(324)によって最低速度(指定最低速度)が指定されている区間では、以下のような場合(※1)を除いて、その速度に従わなければならない

最低速度の道路標識 

最低速度の道路標識(324)

(※1) 法令の規定により速度を減ずる場合及び危険を防止するためやむを得ない場合(渋滞等や、警察官の指示等、または様々な交通法規に基づいて減速・徐行・停止しなければならない場合などや、道路工事・異常気象などにより速度が出せない場合)


ちなみに、最低速度の指定が行われている状況で、それに達しない速度で通行した場合には交通違反に問われますが、反則行為名は「最低速度違反」です。

スポンサーリンク